コラム

2020年04月

2020.04.08

マンションの管理費の使い道について

 コロナウイルスの勢いはとどまることなく私達の生活を脅かしていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
 私達もうがい&手洗いで対抗しつつ、マスクを探して仕事終わりに金沢市内をさまよい続けています…。
 
 さて今回は、皆様がお支払いしている「管理費」の使い道について知っていただきたいと思います。
 
 実際、分譲マンション購入をお考えの方や、現在お住まいの方から「分譲マンションの管理費って何に使われる
んやろ?」と質問されることが多いので、私がきちんとお伝えしなければ!と勝手に使命感に燃えている次第です。
 
 賃貸マンションやアパートにお住まいの方は、毎月の家賃や駐車場使用料の他にも『共益費』または『管理費』
という項目で数千円程度お支払いされていませんか?最近は『家賃に共益費込みです』というお部屋も増えてき
ましたが、まだ別項目となっていることが多いようです。
 
 この『共益費または管理費の使い道』にあたるのが「分譲マンションの管理費の使い道」だとお考えください。
 使い道としては、主に以下のとおりです。
 
  ① 共用部分の清掃費
          (廊下や階段・エレベータ・駐車場・貯水槽・排水管など。人件費だけでなく洗剤・ホウキなどの消耗品や道具の費用も含みます。)
 
  ② 共用部分の蛍光灯や水道用ホースなど、共同で使用する消耗品を交換する費用
 
  ③ 植栽の手入れのための費用
          (剪定作業の他、必要に応じて肥料および農薬の散布も行います。)
 
  ④ 消防用設備点検の費用
         (半年に1回、お部屋の感知器や避難はしごが作動するかの確認を行います。また、消火器や消火用の配管および水槽も点検しています。)
 
  ⑤ 融雪装置点検の費用
          (砂や錆が詰まるので、秋の終わり頃に点検・清掃します。)
 
  ⑥ 警備会社への費用
         (警備に加入されているマンションの場合です。)
 
  ⑦ 管理人さんへのお給料
 
  ⑧ 水道光熱費
         (廊下・階段・駐車場などの電灯、エレベータ・ポンプなどの動力は電気が必要ですし、掃除や植栽の水は欠かせません。)
 
  ⑨ 管理会社への費用
         (管理組合様からの要請で理事会および総会のご案内を配布したり、建物や設備のメンテナンス作業を行ったり、破損した施設や機械の修理依頼を業者様へ発注したりしています。)
 
  ⑩ マンションの建物および施設にかける保険金
   (火災や漏水、天災等の被害に備えます。)
 
  ⑪ 電話や切手などの通信費用
 
  ⑫ その他、マンションの事情に応じての費用
   
 ざっと挙げてみただけですが、数多くあります…マンションにお住まいの皆様方が快適に過ごすための費用と考えていただければ幸いです。
 というわけで、管理費については滞納が無いようにお収めいただくとともに、総会資料として配付される決算書でお住まいのマンションで管理費がどのように使われているかご確認ください。
ページトップへ