コラム

2020.12.12

エレベーターの非常ボタンの押し間違えを防ぐには

  12月に入り、ますます寒さが厳しくなってきました。金沢ではまだ雪は降らないので助かっていますが、ニュースで雪の便りを聞くと、そろそろスコップを玄関に出そうかな…と思い始めている今日この頃です。
 
 さて、今月はエレベーター内の非常ボタンの押し間違いを防ぐ方法についてお話したいと思います。
 弊社の管理しているマンションも御多分の例にもれず、コロナウイルス感染症予防のため、今年は消毒に始まり消毒に終わる一年になりそうです。エレベーターのボタンも、管理人さんが毎日がんばって消毒してくれています。
 
 そのボタンの中に『非常ボタン』があるのですが、お気づきでしょうか?
 ボタンの色は黄色もしくは橙色で、電話マークが付いています。
 
 このボタンを押し続ければ非常ベルが鳴ると同時に外部と通信できるため、非常時には必要不可欠なボタンです。しかし、弊社が管理を受けてから一ヶ月ほど経過したマンションで、エレベーターに乗った方が他のボタンと間違えて押したため、非常ベルが鳴り響いてしまい、住民の方がエレベーター付近に集まってしまう事態が起こったことがあります。
 
 もちろん、管理人室やエレベーターのメンテナンス業者さんへも通知されてしまい、かなりの騒動になってしまいました。
 私自身は初めての経験だったため押し間違える理由が分からなかったのですが、ボタンの並び方がこうだったのですね…
 (私の上手(?)な絵でご理解いただければ幸いです)
 
 
 騒動の際に集まった住民の方に聞くと、これまでも年に数回は同じような騒動があったそうなので、エレベーターのメンテナンス業者さんと相談しました。業者さんも、非常ボタンが押されたという通知が来たら、現場へ急行し異常がないことを確認したうえで非常ボタンを解除しなければならないため、押し間違いはかなり困るとのことでした。
 そこで、非常ボタンだけに「プラスチック製のカバー」を取り付けていただいたところ、このような騒動はぱったりと収まりました。
 (新しいタイプのエレベーターにはこのカバーを取り付けてあるのをよく見かけるのですが、こちらのマンションには無かったため、慣れない方が押し間違えることがあったようです。)
 
 もし、皆様がお住まいのマンションで同じような騒動が年に数回あるようでしたら、エレベーターのメンテナンス業者さんとご相談のうえ、プラスチック製カバーを取り付けることをお勧めします。
 (ご自分で取り付けると非常ボタンが壊れてしまう可能性があるため、必ず業者さんに付けてもらってください。私が付けると申し出たところ、業者さんに”全集中の呼吸で”止められてしまいました…)
 簡単なことですが、これで住民の方もメンテナンス業者さんも平穏な年末年始を過ごすことができることでしょう。
 それでは皆様、コロナウイルス感染症予防対策を徹底的に行いつつ、よいお年をお迎えくださいませ。

2020.11.20

コロナウイルス感染症予防対策について

 11月に入り、金沢も朝晩だけではなく日中も肌寒く感じるようになってきました。
  
 低温・低湿に加えGOTOキャンペーン等で人の往来が活発となったためか、コロナウイルス感染症を患う方が増えてきているようです。医療関係者の方におかれましては大変な状況の中ご尽力いただき、厚く御礼申し上げます。
  
 さて、今回はコロナウイルス感染症だけではなく、これから流行するであろうインフルエンザウイルス感染症をも予防したいとお考えの皆様方へ、日頃あちこちへお伺いして私個人が気になる事をまとめてみました。
  
(1)マンションの共用部でマスクを着用していない方が気になります…
 外出先から戻り、マンション内に入るやいなや、マスクを外してゴミ箱に捨ててしまう方を見かけます。
 特にオートロック式のマンションの場合、建物内に入って誰もいないのを確認すると、ホッと一息ついて解放感に浸りたいのは分かりますが、ご自分の部屋へ到着するまでにエレベーターや階段、廊下などで誰かと会ってご挨拶する可能性があります。
 
 もし会った人が無自覚で感染していたら?もし自分が感染していたら?あぁ恐ろしいです…
 『遠足は、無事家に着いてただいま~って言うまでが遠足だ』と学校の先生から聞いた記憶がかすかに残っていますが、この場合は『自宅の中に入るまでが外出中』と言えるのではないでしょうか?
 
 弊社が管理させていただいているマンションでは、エレベーターのボタンや共用ドアのノブ、廊下の手すりなどについて、管理人さんが毎日ハイター消毒してくれています。しかし、消毒後に会話やせき・くしゃみなどで汚染されてしまったら、管理人さんの苦労が水の泡になってしまいます。
 
 ウイルス感染予防という観点だけで申し上げると、マスク着用は他者および物品への感染を防ぐ対策としては十分なのですが、他者からの感染を防ぐ対策としては万能ではないようです。
 「自分がかからない」という面では、手洗いやうがいを徹底することで備えていただき、「一緒のマンションに暮らす皆様へうつさないため」として、お住まいの皆様にはご自宅のドアを閉めるまでマスク着用」へのご協力をお願いします。
 
(2)換気をやめた建物が増えているような気がします…
 弊社が管理させていただいているマンションは、11月現在でもエレベーターの換気扇を24時間稼働させたり、手動ドアは日中なるべく開けておいたりして空気の入れ替えを心がけていますので、エレベーターやエントランスなどの共用部は冷えています。はっきり言って寒い!です。
 
 ところが10月に入り気温が下がってきた頃から、開けっ放しだったエントランスのドアや窓が閉められていたり、エレベーターの換気扇が止まっていたりしている商業施設やオフィスビルを見かけるようになり、「寒いって苦情が来たんだろうな…」「街路樹の落ち葉が建物内に入るから、掃除が大変で閉めたんだろうな…」と想像していました。
 
 換気をして空気の流れを良くすることも感染防止に効果がある、と政府や医療関係の方が伝えてくれています。
 そこで、例年より暖かい素材の服を着る、または羽織るものを持ち歩くなどの防寒対策をしていただき、寒くても換気にご協力をいただきますよう、お願いいたします。
  
 これからはコロナだけではなく、インフルエンザも予防していく必要があります。
 一人一人が感染予防対策をとることにより、緊急事態宣言や外出制限を未然に防ぎ、いつもどおりの楽しい生活を送ることができます。
 
 これから冬本番を迎えますます厳しい状況になりそうですが、みんなで一緒に乗り切っていきたいです。

2020.10.19

マンションの消防点検について

  10月に入り、金沢では朝晩冷え込むようになってきました。それでも日中は暑いくらいの日もあるため、着る服にお困りの方も多いのではないでしょうか?体調管理も難しい時期ですね…
 さて、今回はマンションの消防点検についてお話したいと思います。
 
(1)消防点検しないとどうなるのでしょう?
 『政府広報オンライン』によると「住宅火災による経過別死者発生は、逃げ遅れが半分を超えて最多となっている」と記載されています。正直、本当にびっくりしました。このことから、火災に遭った場合、ひたすら「火事だ~」と叫びつつ火元から遠ざからねばならないことが分かります。
 特にマンションのような集合住宅の場合、火災になった時に感知器等の不備・故障により作動しなかったことが原因で、ご自身やご家族の身に危険が及んだり、ご近所の方々へも被害が拡大する恐れがあります。また、故障を放置していたことが被害拡大につながったと見られた場合、居住されている方の責任が問われる可能性もあります(人としてどうなの?ってことですね)。
 こうなると、外へ出ればひそひそ陰口たたかれるし、部屋にこもれば焦げ臭い部屋の中で窓とカーテンを閉め切って過ごさないといけないし、心身ともに居心地は最悪になります…こんな妄想をする前に、消防点検を受けてスッキリしましょう!
 
(2)消防点検ってどこを点検してもらえるのでしょうか?
 お住まいの方にご協力をお願いしたい点検場所は、以下の場所です。
 
 ① お部屋の天井に設置されている火災報知器(および火災感知器)
   (各部屋の天井だけではなく、押し入れやクローゼットの天井にもあります。)
 
 ② ベランダの床にある避難はしご
   (全ての部屋に設置されているわけではありません。他の部屋からは「隔て板」を破って移動・避難します。)
 
 火災報知器については、専用の器具で一定時間感知器をあぶり、熱を感知して信号が伝わるか確認します。
 なお、新しいマンションではお部屋に入らずに点検できる「外部試験機」という設備が整備されていることもあります。ただし、外部試験機で行うのはあくまでも電気信号による試験のみです。(とくに押入れなどで)感知器自体に異常はなくても、周囲に荷物が山積みになっているため火事の際に正しく作動しない、といった不備も考えられます。そのため、事情が許すのであれば入室点検を行う方が理想的です。
 
 避難はしごについては、金属製のフタを開けてから実際にはしごを降ろし、正常に作動するか確認します。
 外部試験機で感知器が点検できるマンションでも、こればっかりはベランダに人が入って点検するしかありません。はしごが設置されているお部屋の方には大変恐縮ですが、上下階の皆様の安全にも関わりますので、ぜひ点検にご協力ください。
 
 このような点検を1年に2回行うので、点検作業中はご在宅いただき、点検者さんを見ていていただきたいのです。
 お住まいの部屋以外にも、廊下に置いてある消火器に期限切れや破損がないか、誘導灯が点灯するか、消火水槽に水が溜まっているか、消火栓ポンプに異常がないか…など、いろいろな所を点検してもらえます。
 
(3)消防点検って、住んでいる人は何をしたらよいのでしょうか?
 もし、お住まいのマンションで『消防点検のご案内』掲示を見た場合、下記のとおりにしていただけると非常に助かります。
 
 ① 前日までにお願いしたいこと 
  
  ◎ 実施する日時にご在宅できるよう、予定を空けましょう(通常、在宅時間は15分もあれば充分です)。
 
  ◎ お部屋ごとに実施(予定)時間が決められていますので、
    もし時間変更をご希望の場合はその旨を管理会社(もしくは点検会社)へご一報ください。
 
  ◎ 金属製のフタがあるベランダに荷物や鉢植えなどがある場合、フタの上や周辺からずらしておきましょう。
 
 ② 当日お願いしたいこと 
 
  ◎ 作業日時にご在宅をお願いします。点検当日はたまに非常ベルが鳴りますが、通常は心配ありません。
 
  ◎ 各部屋の扉だけでなく、収納や押し入れなど全部の扉を開放しておいてあげると点検者さんが喜びます。
    (慣れた点検者さんでも「ここ開けていいですか?」と聞くのは気が引けるようです。)
 
  ◎ 1~2名の点検者さんがお伺いしますので、チャイムが鳴ったらお出迎えお願いします。
 
  ◎ トラブルが無ければ、はしご設置のお部屋でも10~15分でご自宅内の点検が完了しますので、その際サインをお願いします。(点検業者によってはサインを求めないこともあります)
 
  ◎ 『火災感知器のある高さまで荷物を詰めると煙を感知しにくいので、ここの荷物を移動してください』
    『ベランダの巨大サボテンが非難はしごの真下に置いてあります。このままでははしごが下ろせず、上から避難してきた人が大変な目に遭いますので、はしごの周囲(上下とも)に置かないようにしてください』
    (笑い話のようですが、これらは実際に私が聞いた話です。)
    など、たまに点検員さんからワンポイントアドバイスがあります。ご自分でできそうならやっていただき、無理そうなら管理会社へ相談しましょう。
  
 重ねて申し上げますが、住宅火災による経過別死者発生は、逃げ遅れが半分を超えて最多となっています。
 万が一の際すばやく避難できるよう、消防点検へのご協力をよろしくお願いします!

2020.09.15

マンションの排水管洗浄について

  9月に入りましたが、暑い日が続いています。金沢市では台風の被害はありませんでしたが、被害に遭われた地域の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
 さて、今回はマンションの排水管洗浄をお話したいと思います。
 
(1)排水管洗浄をしないとどうなるのでしょう?
 皆さんがお住まいのお宅で、このようなご経験はありませんか?
 
  『台所の排水口からポコポコ音がする…』
 
  『お風呂に入って栓を抜くと、排水が悪いのか風呂場全体にお湯が溜まる…』
 
  『洗面台の排水口が臭い…』
 
 これらの症状は排水管の詰まりが原因かもしれません。こうなる前に排水管洗浄を行い、さわやかに過ごしましょう。
 なお、排水管が詰まると、流せなくなった排水が排水口からあふれ出してしまう可能性があります。すると、ご自分のお部屋が水浸しになるだけではなく、下の階のお部屋にまで漏水被害をもたらすかも知れません…非常に恐ろしい事態です。
 
(2)排水管洗浄って、どこの排水管をキレイにしてもらえるのでしょう?
 ご自宅の中の排水管は、以下4カ所の洗浄をしてもらえます。
 
  ① 台所  (冷えた油や細かい食材が固まって詰まる!)
 
  ② 洗面台 (髪の毛や細かいゴミが絡まって詰まる!)
 
  ③ 洗濯パン(糸くずやほこりが絡まって詰まる!)
 
  ④ 浴室  (髪の毛や糸くずが絡まって詰まる!)
 
 以上4カ所、排水口から長い洗浄ワイヤーを突っ込んで汚れを押し出すので、洗浄作業中はご在宅いただき、作業員さんを見ていていただきたいのです。
 この他、建物屋外にある共用排水管(横引管や縦管)もマンホールをあけて洗浄します。
 
(3)排水管洗浄って、住んでいる人は何をすればいいのでしょうか?
 
 もし、お住まいのマンションで『排水管洗浄を実施するご協力のお願い』掲示を見た場合、下記のとおりにしていただけると非常に助かります。
 
  ① 前日までにお願いしたいこと
 
   ◎ 実施する日時にご在宅できるよう、予定を空けましょう(通常、在宅時間は20分あれば充分です)。
 
   ◎ お部屋ごとに実施時間が決められています。
     もし実施時間にご都合がつかず、時間変更をご希望の場合はその旨を管理会社へご一報ください。
 
   ◎ 台所のシンクや洗面台の下は収納スペースになっていると思いますが、中の荷物を別の部屋へ移動しましょう。
     (私は見たことがありませんが、排水管が外れて荷物が濡れることもあるそうです。)
 
   ◎ できれば、カビ取りハイターなどで水回りをキレイにしてくださると作業員さんが喜びます。
 
  ② 当日お願いしたいこと
 
   ◎ 基本的には下から上の階の住戸へ順番に作業を行いますので、作業日時にご在宅をお願いします。
 
   ◎ 玄関まわりの物(靴やコート、マットなど)はしまっておきましょう。
 
   ◎ 2~3名の作業員さんがお伺いしますので、チャイムが鳴ったらお出迎えお願いします。
 
   ◎ トラブルが無ければ10~15分でご自宅内4カ所の洗浄作業が完了しますので、その際サインをお願いします。
 
   ◎ 『排水管が外れかかっているので、ここのネジを締めておいてください』
     『ペットの毛が詰まっていたので、なるべく排水管へ流さないよう、網やネットで排水口を保護してください。』
     など、たまに作業員さんからワンポイントアドバイスがあります。ご自分でできそうならやっていただき、無理そうなら管理会社へ相談しましょう。
 
 重ねてお伝えしますが、排水管が詰まると自分の部屋だけでなく他のお部屋にも漏水被害が及ぶ可能性があります。
 最悪の事態になる前に、排水管洗浄にご協力よろしくお願いします!

2020.08.14

エレベーター内にある秘密の小部屋について

 金沢市では7月は長雨が続いていましたが、8月に入るとカンカン照りが続き、たまにバケツをひっくり返したような夕立に見舞われています。熱帯気候になったような気がするのは私だけでしょうか?
 
 さて、今回は『エレベーター内にある秘密の小部屋』についてお話したいと思います。
 たいていのマンションには、エレベーターの奥の壁の下半分に鍵付き扉があると思います。
 ※ もしかしたら、台車や荷物などで傷つかないよう壁がフェルトのような分厚い布地で覆われているかも知れません。
 
 その扉の鍵を開けると、奥行きが30cm以上広がるのです。小柄な人間なら体育座りで隠れることができるくらいの空間です。
ここで以下の疑問が出てきます。
 
 (1)なぜ、初めから広げた奥行きで作らないのでしょう?
 → ずばり省エネです。
 マンションに設置されているエレベーターは、6名か9名の定員が多いようです。また、この定員数だと標準の奥行きは115cmもしくは152cm程度になるそうです。
 上げ下げするカゴが大きくなるとその分だけ重くなりますから、少しでも小さく作る方が工事費や電気代の節約につながります。
 
 (2)この秘密の小部屋、何のために作ったのでしょう?
 → 下半分だけ奥行きが広がるってところがミソなのですが、以下2つの理由があるそうです。
 ① 消防署の救急隊員さんがストレッチャー(寝台)を横にしたまま搬入可能にするため。
 ストレッチャーは、人を乗せるために奥行きが200cm程度あります。そのため、このままでは患者さんを横たえたままエレベーターに乗せることができません。しかし、秘密の小部屋を開くと下半分は奥行きが200cmになるので、患者さんを横たえたままエレベーターで運ぶことができます。
 
 ② ご遺族や葬儀会社の方が、棺に納めたご遺体を横にしたまま搬入・搬出可能にするため。
 古代エジプトの壁画では、ご遺体を納めた棺を立てて拝んでいる遺族が描かれています。しかし日本では棺を立てる慣習はあまり見られません。(不勉強のため知らないだけかも知れません……)
 
 それに、ご遺体を立てたり横たえたりを繰り返すと損傷も心配ですし、罰当たりな気もします…そこで、ご遺族がご自宅マンションでのご葬儀を希望された場合、棺に納めたご遺体をなるべく動かさないように横たえたまま移動できるようにしよう、という配慮から秘密の小部屋が作られたそうです。
  
 (3)どうして普段は鍵をかけているのでしょう?
 『誰でも使えるように鍵を開けておいてくれれば良いのに…』
 → 一言でいうと安全確保のためです。
 先ほども申し上げましたが、小柄な人間なら難なく収まる空間です。
 お子さんがかくれんぼで入って、何かの拍子で鍵がかかって閉じ込められたら大事件になってしまいます…しかし、いざ使いたい時に鍵が開けられないと困るので、ほとんどのマンションでは管理人室に鍵が保管されているはずです。
 
 なお、以前はエレベーターのメーカーごとに鍵の形がバラバラだったため、救急隊が一刻を争う時に「管理人さんが見つからない!」、「今日は管理人さんが休みだ!」、「鍵がどこにあるのか分からない!」という事態に陥ったことが多々あったそうです。この場合はストレッチャーが使えないため、救急患者さんの搬出は大変だったようです。
 
 そこで、平成15年エレベーターメーカーの皆様が垣根を超え、秘密の小部屋の鍵を統一してくれました‼この証として、この統一された鍵穴と鍵本体には『E.M.T.R』と刻印され、『担架等緊急運搬用』、『E.M.T.R』、『エレベーター トランク キー』、『Emergency Medical Trunk Room』などと書かれた札が付いています。
 
 なお、全国の救急隊員さんは同じ鍵をお持ちなので、ご利用になっているエレベーターが『E.M.T.R』に対応していれば、迅速な救助が可能になります。もし、古いエレベーターで鍵穴に『E.M.T.R』の刻印が無い場合、エレベーターのメーカーさんへ問い合わせてみてはいかがでしょうか?
 
 申し遅れましたが、この小部屋の正式名称は『エレベーター内トランクルーム』とのことです。『秘密の小部屋』と言って
も周囲の方々には分かっていただけないのでご注意ください。
ページトップへ